世界一周旅行記 TOP > 世界一周旅行記:北アメリカ方面

世界一周旅行1日目-移動

2007年8月27日。
今日から待ちに待った世界一周旅行がスタートです。

小松空港入り口構想1年、準備期間半年位かかったと思います。
妻が今回ほとんどの準備をしてました。
妻に心から感謝です。

今回の世界一周旅行は飛行機を使い、旅程は全てビジネスクラス!!
こんなことはもう一生のうちでもう無いかも(^^)
かなり高きそうなイメージがあるかもしれませんが、 世界一周航空券でビジネスクラスの航空券は格段に安いんです
(詳しくは世界一周航空券の種類にて)

出発地は自宅に近い石川県の小松空港。
ここで最初のチェックイン行いました。小松-成田間、成田-シカゴ間とも
ANA便を利用するので、小松空港のANAチェックインカウンターで
シカゴ便までのチケットを発券してくれました。

同時に、ANAのラウンジ、signetと国際線用の招待カードもくれ
これを持って小松空港のsignetへ直行!
ANA国内線ラウンジ、signet(小松空港)

小松空港のsignetは20人ぐらいが座れる程度の広さですが、
無線LANがあってインターネットは無料、ドリンクも無料。
しかもビールも無料(嬉)!というわけで朝からビール、飲んでしまいました。。。
signet内のフリードリンク

定刻になったので、飛行機へ搭乗し
小松-成田間はIBEXエアラインズ運航機材の小型ジェット機で1時間ほどで成田空港へ到着です。
IBEXエアラインズの飛行機へ

成田空港のANAチェックインカウンターはとても混雑していましたが
僕達は既に小松空港でチェックイン手続き済みなので混雑を横目に出国審査場へ。
混雑する成田空港のチェックインカウンター

しかし出国審査場は非常に混雑していて、シカゴ便の搭乗時間ギリギリ。
そのせいで成田のANAラウンジを利用できませんでした。。。(残念)

機内へ搭乗するとすぐにドリンクサービスが。写真左が緑茶、右がシャンパン。
ウェルカムドリンク

成田-シカゴ間は11時間30分のフライト、機材は777-300ER。
ほぼ180度リクライニングできるビジネスクラスシートは最高です!

リクライニングボタンにはマッサージ機能や僕達には必須のパソコン電源も。
LANケーブルもありましたが、今はどの飛行機もネット接続サービスがないようです。
リクライニングシートボタンパソコン電源

エコノミークラスと違い、ビジネスクラスでは離陸前にドリンクと食事の希望を聞いてくれ、
離陸後シートベルトサインが消えるとすぐにドリンクサービスがあります。

左下写真は2杯目のシャンパン。
最初のスナック、シグニチャーアミューズ(右下写真)。
エコノミークラスと全く違います。
離陸直後のドリンク前菜

左下写真が和食の前菜(赤鶏つくね、辛子蓮根、鰹生節、海老唐揚げ等)、
小鉢(黒豚柔らか煮)、酢の物(きびなごと一文字辛子酢味噌和え)。
右下写真が主菜のかんぱち照り焼き、鰻けんちん蒸し、野菜炊き合わせ。
高級レストランで食事をしている感じです。そして、日本人がほっとする懐かしい味が。
和食の前菜・小鉢・酢の物和の主菜

左下写真は洋食の前菜、すだち風味のソースがかかった海の幸サラダ。
右下写真はメインディッシュの牛フィレ肉のステーキ。
お肉は柔らかくて味もおいしい!!
一見ボリュームが少なく見えましたが、意外とお腹がいっぱいに。
洋食の前菜洋食のメインディッッシュ

最後に出てきたANAオリジナル"抹茶"パフェ。
ちょっと変わっているので好みは分かれるかも。
ANAオリジナル

この他、果物、チーズも出してくれ、かっなりお腹いっぱいになったうえ、
アルコールも飲んで眠くなってきたので寝ることに。

ほぼフルフラット状態(左下写真)。
足を伸ばしても前のシートに届かないのも素晴らしい!(右下写真)。
ほぼフルフラットのシート足を伸ばしたシート

というわけで、おやすみなさいーzzz


  | 北アメリカ方面 | 世界一周旅行1日目-シカゴへ ≫