世界一周旅行記 TOP > 世界一周旅行記:東南アジア方面

世界一周旅行14日目-初のファーストクラス

日が変わり、2007年9月9日。

搭乗時間近くになると、ラウンジ内にアナウンスをしてくれたので
SQ216便、B777-300の搭乗口へと向かいます。

搭乗するとすぐに、シャンパンサービス。
毎回の楽しみ(^^)

深夜便のため、食事の時間を選ぶことが出来
到着前に食べることにして就寝。

到着少し前に、朝食を食べるが
体がまだ起きてないのか、食欲がありませんでした。
離陸後すぐに食べればよかったと若干後悔。
シンガポールビジネス朝食1シンガポールビジネス朝食2

チャンギ国際空港に到着。

乗り継ぎまで3時間弱あったので
シンガポール航空のラウンジへと向かいました。

数日前に来たばかりだったので今日は迷わずラウンジへ。
快適な時間を過ごしました。

時間になり、SQ942便の搭乗口へ行くと座席を変更されました
機材でも変わったのかな、と思いながら機内へ。

すると、そこはファーストクラスシート。
初のファーストクラス!
しかもシンガポール航空のファーストクラス!!

オーバーブッキングでもあったのかも。
2時間30分という短いフライトでしたが、これは嬉しかったですね。

恥ずかしながらも、さっそく記念撮影。
初のファーストクラス

ここでもシャンパンサービス。
初ファーストクラスのシャンパン。
もちろん、飲みました(^^)。
 シンガポールファストクラスのシャンパン

離陸後の食事サービス。
短距離にもかかわらず、まずは前菜。
シンガポールファストクラスの前菜

メイン料理の味はインドネシア風なのか、変った味でした。
シンガポール航空ファーストクラスの食事1シンガポール航空ファーストクラスの食事2

当然かもしれませが
シンガポール航空のファーストクラスのキャビンアテンダントは
ビジネスクラス以上にサービスがよかった。

それにとても品があり、笑顔も素敵です。

束の間のファーストクラスを味わうため
ずっと起きているつもりでしたが
いつの間にか熟睡してしていました。

ファーストクラスはシートの快適性も一流なのか
短時間の睡眠でも目覚めがとてもよかったです

今度はもっと長距離でファーストクラスを味わってみたいものです。


  | 東南アジア方面 | 世界一周旅行14日目-ングラライ国際空港 ≫