世界一周旅行記 TOP > 世界一周旅行記:東南アジア方面

世界一周旅行16日目-バリ滞在最終日

2007年9月11日。
ゆったり過ごすことができたバリも今日が最後。
夜にはバリ島を出発です。
コンラッド・バリの風景

今日の朝食はラウンジではなく
みんなが利用する場所にいってみました。

メニューの種類・量がとても多い。
ラウンジにはない麺まであり注文。
コンラッド・バリでの朝食

しかし、人が多くて騒々し過ぎました。

僕たちの場合、メニューの種類が少なくていいから
静かにゆっくる食べることができる、
ラウンジの方が合っていると思いました。

コンラッド・バリにいる間はほとんどラウンジで食事。

朝食は出るし、ティータイムにはおいしいデザート、
夜にはビールによく合う食事を食べることができる。

小食の僕達にはこれで十分です。

それにラウンジスタッフのサービスがとてもよく。
自然とチップを払いたくなるサービスぶりです。

ホテル出発時間まで居心地のいいラウンジで過ごします。

出発時、お世話になったラウンジスタッフに
チップを渡し、空港へと向かいます。

コンラッド・バリ・リゾート&スパ、
想像以上にいい場所だった。
そして値段、サービスにも大満足です。

絶対にまた来たいホテルですね。

※コンラッド・バリ・リゾート&スパの詳細はマイルがたまいるで紹介しています。

ングラライ国際空港に到着。
到着ロビーと違い、随分閑散としている。
ングラライ国際空港出発ロビー

シンガポール航空のチェックインカウンターで手続きをしましたが
ここではバリ-シンガポール間のチケットだけの発券。
シンガポール-成田間のチケットは
経由地シンガポールで発券するようにと言われました。

シンガポールでの乗り継ぎ時間が少ないので若干の不安です。

出国審査場へ向かうと
お金を払うカウンターがありました。

何?と思って近づくと
出国税カウンターが。

1人10万ルピア。(約1200円)
(2007年11月1日からングラライ国際空港の出国税を15万ルピアに値上げ)

ルピアはほとんど持っていません。
運よくドルでも払うことができるようでドル支払いました。

後から考えると、ドルの換算レートは悪かったです。
そういえば出国税カウンターの前に両替所があり、
その時はなぜこんなとこにあるのだろう、と思いましたが
このためだったんですね。

無事出国し航空ラウンジへと向かいます。

ここのラウンジは特殊。系列航空会社ごとのラウンジはなく
いくつもの航空会社が一緒になっていました。
ングラライ国際空港のビジネスラウンジングラライ国際空港ビジネスクラスラウンジの食事

今まで利用したスターアライアンス系列のラウンジとは雰囲気が違います。

ですが、無料でインターネットが使えアルコールも豊富で
パスタやサラダなどのしっかりした食事がありました。

有料ではあったがマッサージコーナーもあります。
なかなかいいラウンジでした。

20時、SQ947便、B777-200にてシンガポールへ向かいます。

機内では携帯が使えないため写真が撮れません。
今更ながらもう一台デジカメがあれば、と悔やみました。


 ≪世界一周旅行15日目-コンラッド・バリでスパ体験 | 東南アジア方面 | 世界一周旅行17日目-最終日 ≫